肌のバリア機能の低下が乾燥や炎症を招く~機能を高め・修復する方法

肌のバリア機能の低下が乾燥や炎症を招く~機能を高め・修復する方法 ヘルスケア

肌には外敵から体を守る機能が備わっています。その中でも角質層の「バリア機能」は、美しい肌を保つための重要な役割を果たします。言葉では聞いたことがある「バリア機能」、実際にはどんなはたらきをするのでしょうか。

乾燥や肌荒れが起こりやすい人に知ってもらいたい、肌の「バリア機能」について、解説していきます。

肌のバリア機能とは

肌のバリア機能とは

健康な肌には「バリア機能」があり、外界からの異物をガードするとともに、内側から水分が蒸発するのを防いでいます。このバリアは、角質細胞の水分を保持する「天然保湿因子(NMF)」と、細胞をしっかりつなぐ「細胞間脂質」が結びついたもので、その上を皮脂膜が覆って完成します。

しかし乾燥などのダメージでバリアが崩れると、外からの刺激を受けやすくなり、内部のうるおいも逃してしまいます。それはさまざまな肌トラブルの原因となるため、適切な保湿ケアで正常なバリア機能を保つことが必要です。

肌のバリア機能を低下させる原因

肌のバリア機能を弱くする原因はさまざまありますが、特に日常で気をつけたいポイントを取り上げてみました。

いつも何気なくやっている習慣が、実は肌荒れの原因になっているかもしれません。少しの工夫で改善されることも多いので、ぜひ試してみてください。

間違ったスキンケア法・入浴法

美肌のためのケアで、かえってダメージを与えていることがあります。中でもお風呂や洗顔の湯温は要注意。熱すぎると脂質が流出し、乾燥肌の原因になります。また、タオルで強くこする、強い洗浄成分で洗うなども、バリア機能を低下させます。

洗顔や入浴後は肌が無防備になっていますので、すみやかに保湿して乾燥を防ぎましょう。

紫外線によるダメージ

紫外線もバリア機能を低下させる大きな要因です。角質層は肌の表面にあるため、紫外線の影響を受けやすく、炎症を起こすとバリア機能が失われることがあります。

外出するときは冬でも日焼け止めを使用し、もしかゆみや赤みが続くときは、すみやかに皮膚科を受診してください。

冷房・暖房の長時間利用による空気の乾燥

冷房や暖房を長時間使用していると、空気が乾燥します。すると角質層から水分が奪われ、バリア機能が低下する原因になるのです。エアコンを使用するときは必ず加湿器を併用し、室内の湿度を調整してください。

美肌には50~60%の湿度が理想といわれています。化粧直しに保湿ミストを使用するのも一案です。

ビタミンB群の不足

体調が崩れると、肌の健康に直結します。特にビタミン不足は美容の大敵。中でも肌のターンオーバーを促すビタミンB群は、バリア機能を支える重要な栄養素です。

ビタミンB群はレバーやかつお、まぐろなどに多く含まれますので、積極的に摂取しましょう。

加齢による皮脂分泌量の低下

加齢が進むと皮脂の分泌量や細胞内の水分量が減少し、次第にバリア機能も低下します。老化は避けようのないことですが、栄養バランスの良い食事や、ていねいな保湿ケアで、肌の状態は大きく向上するものです。刺激が少なく保湿力の高い化粧品で、バリア機能を補うようにしましょう。

偏った食生活、過度のストレス、睡眠不足、運動不足、喫煙など生活習慣

生活が乱れて肌が荒れた経験はありませんか?バランスの良い食生活はもちろん、睡眠も肌にとっては栄養の一種。ゆったりと睡眠がとれるよう工夫したり、ストレスをためないように心がけたりすることも大切です。軽い運動も美肌に効果があります。もちろん喫煙はお肌の大敵なのでNGです。

バリア機能が低下すると起きること

バリア機能が低下すると起きること

バリア機能が低下すると、肌にはどんなトラブルが起こるのでしょう。よく発生する肌トラブルの例を挙げてみました。心当たりがあるなら要注意です。

<バリア機能が低下すると起きること>

  • ターンオーバーが乱れる
  • ハリがなくなる
  • ニキビや肌荒れの原因となる
  • かゆみや湿疹を引き起こす

ターンオーバーが乱れる

ターンオーバーとは、新しい細胞の生まれ変わりのことです。健康な肌は基底層で生まれ、表面に押し上げられて自然に落ちます。しかし表面のバリア機能が低下すると、このサイクルが正常にはたらかなくなります。

そのため古い角質が残ってくすみになったり、未熟な細胞が表面に出る角質不全を起こしたりします。

ハリがなくなる

バリア機能がはたらかない肌は、保湿成分が失われるため、みずみずしいハリを失います。また、ダメージを受けた部分から異物が侵入して炎症を起こしたり、表面の皮脂膜も失われるため、ツヤがなくなったりします。

かゆみを感じる場合もありますが、決してかかないようにしましょう。

ニキビや肌荒れの原因となる

肌は水分を失うと、うるおいを取り戻そうとして皮脂を大量に分泌することがあります。これが毛穴を詰まらせ、にきびなど肌トラブルの原因となります。

さらにはバリア機能の低下により細菌感染のリスクが高まるため、炎症を起こしてシミや色素沈着を起こしてしまうこともあります。

かゆみや湿疹を引き起こす

バリア機能が低下した肌は外部刺激に対する感受性が強くなっています。そのため、少しの刺激でさまざまなトラブルが起こります。

かゆみや湿疹なども、その代表的な例です。このような場合、つい肌を引っかいてしまい、さらなるトラブルを引き起こす肌荒れスパイラルに陥ることがありますので、くれぐれも刺激をしないよう注意しましょう。

肌のバリア機能を高め修復する方法

肌のバリア機能を高め修復する方法

肌のバリア機能を失った場合、どのように修復すればいいのでしょうか。まずは正常な水分量を取り戻すために、徹底した保湿ケアが必要です。このとき、ただ水分を与えるだけでなく、うるおいを長時間保てるスキンケアを選ぶことがポイントです。ここからはバリア修復について考えていきます。

保湿のスキンケアを行う

人間の体の60%は水分で、肌の細胞も水分で保たれています。

美肌=保湿は当たり前と思われるでしょうが、水分さえしっかり保っていれば、肌は自力で修復する力を発揮します。さらにスキンケアの栄養成分が浸透しやすくなるため効果もアップ。バリア修復のためのケアには、いつも以上にたっぷりの水分補給が大切です。

とりわけ目元など皮膚が薄い部分には、水分保持力の高いケアをプラスしましょう。

サプリメントを摂取する

体の中からのケアは、特に加齢が進んだ肌には必要不可欠。抱えているトラブルに合わせたサプリメントを選んで、効果的にインナーケアをしましょう。

  • 乾燥が気になるなら肌の水分を保持する働きがあるセラミド、ヒアルロン酸成分配合サプリ
  • 紫外線対策ならニュートロックスサン、ファーンブロック成分配合サプリ
  • ビタミン不足を感じているのならビタミン成分配合サプリ

下記でおすすめのサプリメントも紹介していますので、合わせてご覧ください。

肌に刺激を与えない

肌への刺激は蓄積され、加齢とともにトラブルとなって出現します。低刺激なスキンケアを使用したり、洗顔の泡立てを徹底したり、肌をゴシゴシこすらないクセをつけるなど、刺激を軽減させる工夫をしてみましょう。

毎日のことで見過ごしがちになっているお手入れを見直すことで、10年後、20年後のお肌に確実に差が出ます。

ぬるめのお湯で入浴する

日本人は熱いお湯が好きな人が多いですが、実はリラックス効果はぬるめのお湯の方が高いのです。自律神経を整え、肌のうるおいも失われにくいぬるめのお湯が、美容と健康にはおすすめです。

さらに、入浴剤のかわりに天然の精油を使用すれば、アロマテラピー効果も楽しめます。ぬる湯なら長く浸かれるので、膨潤作用で角質のターンオーバー促進にも効果が期待できます。

紫外線ケアを行う

スキンケアの基本となるのが紫外線予防。日傘は上からの紫外線に有効ですが、下からのはね返しをガードするためには、年間を通じて日焼け止めも忘れずに。

うっかり紫外線を浴びてしまったときは、ダメージがひどくならないようビタミン補給が有効です。ただしメラノサイトには紫外線の記録が蓄積されていきますので、なるべく日光は浴びないように気を付けましょう。

日常生活を見直す

生活習慣の見直しも、きれいな肌作りにの大切な要素です。体全体が健康であるための生活が、そのまま美肌にも直結します。

バランスの良い食事、良質な睡眠、ストレスをためない工夫をしてみましょう。そのうえで正しいスキンケアを行うことが肝心です。「高価な化粧品を使っているのに結果が出ない」という人は、まずは生活から見直してはいかがでしょうか。

おすすめの保湿スキンケアアイテム5選

バリア機能が低下した肌は、慎重な化粧品選びが必要です。いつもの化粧品が合わなくなったら、それはバリアがこわれているサインかもしれません。

刺激をおさえてマイルドにうるおいを与えながら、本来の肌機能を取り戻す、高保湿スキンケアを5アイテム紹介していきます。

アルピタ バリアミストローション(ミックコスモ)

アルピタ バリアミストローション(ミックコスモ)
引用元:ミックコスモ

刺激や季節の変わり目の環境変化で、肌が荒れやすい人のお助けローションで、3カ月使える大容量250mL。天然セラミドのバリアで刺激をブロックし、ヒアルロン酸、アロエエキス、カンゾウ葉エキスがしっとり保湿。27種のアレルギー成分不使用で、赤ちゃんにも使えるやさしさです。細やかな霧で出てくるミストタイプなので、こすらず使えて炎症が起こっている肌にも安心。

商品名 アルピタ バリアミストローション
メーカー名 ミックコスモ
価格 1320円(税込)
内容量 250mL
成分 天然セラミド・ヒアルロン酸・アロエエキス

フイルナチュラント エクスバリア リペアローションI(ドクターフィル)

乾燥、肌あれをくり返しがちな「弱バリア肌」を研究して生まれた、エクスバリアシリーズ。数々の美容大賞で評価されている、肌の弱い人の味方です。特別な湧き水で育った水前寺海苔から得られる、天然高分子「サクラン」の力で、疑似バリア膜を形成してうるおいを閉じ込めます。

商品名 フイルナチュラント エクスバリア リペアローションI
メーカー名 ドクターフィル
価格 4400円(税込)
内容量 150mL
成分 サクラン・セリン

プログラム カンダンバリア エッセンス(資生堂)

プログラム カンダンバリア エッセンス(資生堂)
引用元:資生堂

「季節の変わり目に肌荒れする」という人は多いはず。寒暖の差に反応してしまうデリケートな肌を、やさしくケアする独自新成分「カンダンバリアコンプレックス」配合。洗顔後すぐに使用することで、「H-スタビライジング A」がその後で使う化粧水をより深く届けてしっとり肌に整えます。摩擦感が起きにくいテクスチャで、肌への負担も減らします。

商品名 dプログラム カンダンバリア エッセンス
メーカー名 資生堂
価格 3300円(税込)
内容量 40mL
成分 カンダンバリアコンプレックス・H-スタビライジング A

バリア ジェルセラム(アルビオン)

バリア ジェルセラム(アルビオン)
引用元:アルビオン

肌に刺激などのストレスがたまると、炎症を起こす物質ヒスタミンが過剰に分泌されます。これがバリア機能を低下させる原因です。抗炎症効果を発揮する「サクラ葉抽出液」や、天然植物のオイルから得られる「カカオバター」「ムルムルバター」、リッチな「バリアプラス成分」の相乗効果で、デリケートに傾いた肌を根本から健やかに立て直します。

商品名 バリア ジェルセラム
メーカー名 アルビオン
価格 6600円(税込)
内容量 30g
成分 セラミド・カカオバター・ムルムルバター・ソメイヨシノ葉エキス

スキンバリアバーム(津田コスメ)

スキンバリアバーム(津田コスメ)
引用元:津田コスメ

津田クリニックの副院長、津田攝子先生が開発したマルチバーム。朝は化粧下地として外気から肌を保護、夜はないとクリームとして肌をうるおします。水を1滴も使わない特別製法で、超しっとり。着色料、香料、防腐剤、こう菌剤、アルコール、界面活性剤、紫外線吸収剤すべてフリーなのに、SPF19で紫外線からも守ってくれます。ビタミンミネラルたっぷりで、環境ストレスに負けない肌を作ります。

商品名 スキンバリアバーム
メーカー名 津田コスメ
価格 5940円(税込)
内容量 18g
成分 ミネラルオイル・

肌のバリア機能回復におすすめのサプリメント3選

次に、体の中からはたきかける、肌のバリア機能回復におすすめのサプリメントを3つご紹介。飲むだけで手軽に成分を摂取できるので、ぜひ毎日の習慣にしてください。

ヒアルロン酸&コラーゲン(アサヒ)

ヒアルロン酸&コラーゲン(アサヒ)
引用元:アサヒ

加齢が進んだ肌に必要な成分が、凝縮されたサプリメント。コラーゲン・ビタミC・ヒアルロン酸・コエンザイムQ10など、肌サイクルを活発にする弾力成分に加え、セラミドやビタミンB群など、肌のバリア機能回復にはたらく成分が強化されています。1日1包、持ち歩けるスティックタイプなので、忙しい人もかんたんに続けられるのも嬉しいポイント。

商品名 ヒアルロン酸&コラーゲン
メーカー名 アサヒカルピスウェルネス株式会社
価格 5250円(税込)
内容量 30包(30日分)
成分 ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド

プロテクサンプラス(医源堂)

プロテクサンプラス(医源堂)
引用元:医源堂

「飲む日焼け止め」として注目されている「ニュートロックスサン」を配合した、紫外線対策サプリメント。「ニュートロックスサン」はスペインのミギュエル大学とモンテローダ社が共同開発した原料で、スペイン産のシトラスとローズマリーから抽出された、天然植物成分が使用されています。カプセルが小さくて飲みやすさもばつぐん。バリア機能が低下した肌を紫外線から守ります。

商品名 プロテクサンプラス
メーカー名 igendo(医源堂)
価格 6480円(税込)
内容量 30粒
成分 ニュートロックスサン・クロビット

スーパーマルチビタミン&ミネラル(大塚製薬)

スーパーマルチビタミン&ミネラル(大塚製薬)
引用元:大塚製薬

ビタミンはさまざまな種類を同時に摂ると、相乗効果ではたらきが向上します。肌のバリア機能をサポートするビタミンB群、コラーゲンを修復するビタミンCなど12種のビタミンに加え、細胞バランスを整える7種のミネラルを配合したこのサプリメントは、1日1粒飲むだけで食事を補い、すこやかな肌に導いてくれます。疲れやすい人や、スポーツをする人にもおすすめです。

商品名 スーパーマルチビタミン&ミネラル
メーカー名 大塚製薬
価格 2640円(税込)
内容量 120粒(120日分)
成分 ビタミン12種・ミネラル7種・亜鉛・銅・ビオチン

まとめ

健康な皮膚にそなわっている「バリア機能」。細菌や刺激物などの外敵から体を守るだけでなく、肌のうるおいをキープしてくれる大切な機能です。

加齢とともに少しずつ低下していくことは避けられませんが、すこやかな生活とスキンケアでの保湿を心がけることで、肌年齢は巻き戻せます。肌荒れに悩まされている人は、バリア機能回復ケアを徹底しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました