女性の薄毛・抜け毛に効果がある対策法|FAGA治療から自宅でできる日頃のケアまで紹介

女性の薄毛・抜け毛に効果がある対策法|FAGA治療から自宅でできる日頃のケアまで紹介 ヘアケア・頭皮のケア

「どのように対策すれば薄毛の悩みを解消できるのかわからない」と、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。薄毛対策は原因を突き止めたうえで適切に対策することが大切です。

間違った対策は、薄毛の悪化を招く恐れがあるため、注意しましょう。ここでは、女性の薄毛の原因と対策法について詳しくご紹介します。

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因

女性の薄毛は、さまざまな要因が重なることで起こるといわれています。薄毛を引き起こす主な要因は、次のとおりです。

  • 女性ホルモンの変化
    女性ホルモンのエストロゲンは、髪の成長と維持に欠かせません。そのため、更年期やストレスなどの影響で女性ホルモンよりも男性ホルモンが多くなると、髪の成長に悪影響が及び、髪全体のボリュームが失われます。

 

  • 頭皮の乾燥
    頭皮は、健康な髪を作るための土台です。空気の乾燥や過度のシャンプーなどで頭皮が乾燥すると、頭皮がダメージを受けやすくなるため、薄毛のリスクが上がります。

 

  • 過度のストレス
    過度のストレスを受けるとホルモンバランスが崩れ、髪の成長に悪影響が及びます。

 

  • 食生活の乱れ
    髪の成長には、タンパク質やビタミン、ミネラルなどが必要です。偏食で栄養不足になると、髪の成長に支障をきたし、抜け毛が増える可能性があります。

 

  • 睡眠不足
    睡眠不足は、ホルモンバランスが崩れる原因です。残業で寝るのが遅くなったり、夜間に何度もトイレに行ったりすると、睡眠不足になります。

女性の薄毛改善の確実な効果を期待するなら治療を受ける

女性の薄毛改善の確実な効果を期待するなら治療を受ける

本気で薄毛を改善したいのであれば、専門医に相談することが大切です。医師の診断を受けたうえで、自分に合った治療を受けましょう。何らかの病気が隠れている可能性もあるため、自己判断は禁物です。クリニックや病院で薄毛の治療を受けたい場合は、皮膚科や美容皮膚科、薄毛外来を受診してください。

ただし、「女性の薄毛治療を受けられるかどうか」については、しっかりとホームページなどで確認しておきましょう。また、薄毛の治療には通院が必要なため、自宅からアクセスしやすい医療機関を選ぶことをおすすめします。

女性の薄毛を治す治療内容

病院やクリニックで受けられる女性の薄毛治療は次のとおりです。

  • 投薬治療
    髪の成長を促す外用薬や、ホルモンバランスを整える内服薬などを使用します。薬を継続的に使用することで、薄毛の改善が期待できるでしょう。

 

  • 注入治療
    薄毛の改善効果が期待できる成分を頭皮に注入する治療法です。医療機関によって、使用する成分が異なります。

 

  • 自毛植毛
    自分の髪を薄毛の部分へ頭皮ごと移植する治療法です。発毛組織も一緒に移植するため、成功すれば髪が自然に生えてくるようになります。

 

  • LED治療
    髪は、頭皮から3~5mmの深さにある毛母細胞が分裂と増殖を繰り返すことで髪が生まれます。毛母細胞の先端にある毛乳頭細胞は、毛母細胞を活性化させる働きがあります。LED治療は、赤色LEDを照射することで毛乳頭細胞を刺激し、結果的に毛母細胞を活性化させる治療法です。

 

  • 生活習慣やヘアケアのアドバイス
    身体の内側からケアするための生活習慣や、正しいヘアケアなど、さまざまアドバイスを受けられます。

 

  • サプリの提案
    髪の栄養が不足している場合は、栄養補給を目的としたサプリによって薄毛の改善が期待できます。

 

女性の薄毛に効果が期待できる薬

医療機関で女性の薄毛治療に使用される薬は次のとおりです。

  • 内服薬
    ・パントガール
    ・ミノキシジルタブレット
  • 外用薬
    ・ミノキシジル

それでは、パントガールとミノキシジルの効果について詳しくみていきましょう。

女性の薄毛治療薬「パントガール」の効果

パントガールは、女性の薄毛「びまん性脱毛症」への効果が認められている内服薬です。びまん性脱毛症は、髪のボリュームが全体的に失われ、次第に薄毛が目立つようになるのが特徴です。パントガールに含まれるパントテン酸カルシウムやアミノ酸、L-シスチン、ビタミンB群などが健康な髪の成長をサポートします。

なお、男性の薄毛とびまん性脱毛症はメカニズムが異なるため、男性の薄毛には効果は期待できません。

発毛効果が認められている「ミノキシジル」の女性の薄毛治療効果

ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを有効成分とする内服薬です。元々は、高血圧の薬として登場しましたが、髪が増える副作用がみられたため、薄毛治療薬として再開発されました。

ミノキシジルは、ミノキシジルタブレットと同じく、ミノキシジルを有効成分とする外用薬です。髪の成長を促すため、薄毛の改善が期待できます。ミノキシジルは発毛剤のため、市販されている育毛剤とは全く異なります。育毛剤は、頭皮環境を整えることを目的ですが、発毛剤は髪を生やしたり成長を促したりすることが目的です。

1%や5%、15%など濃度が異なる数種類のミノキシジルが販売されていますが、女性用のミノキシジルの濃度は1%です。

【自宅で可能】女性の薄毛改善が期待できる頭皮の対策

【自宅で可能】女性の薄毛改善が期待できる頭皮の対策

「できれば病院やクリニックに行きたくない」という方も多いのではないでしょうか。そのような方には、自宅でできる薄毛対策がおすすめです。医療機関での治療と比べて効果を実感できるまでに時間がかかりますが、医療費を抑えられるうえに手軽に始められます。女性の薄毛改善が期待できる対策は次のとおりです。

  • シャンプーを薄毛・抜け毛対策のものに変更する
  • 薄毛を予防・改善するシャンプーの方法
  • シャンプー前に髪をぬるめのお湯で洗う
  • シャンプーの洗い方・流し方
  • 髪の乾かし方
  • 効果的な頭皮マッサージの方法
  • 育毛剤・発毛剤で頭皮ケアを行う

シャンプーを薄毛・抜け毛対策のものに変更する

洗浄力が強すぎるシャンプーは、頭皮にダメージを与えることで薄毛のリスクを高めます。そのため、薄毛・抜け毛対策用のシャンプーに変えることが大切です。薄毛・抜け毛対策のシャンプーの中でも、アミノ酸界面活性剤を使用したものを選びましょう。

界面活性剤は、水と脂を混ざりやすくする物質のことで、頭皮の汚れを落とすために欠かせません。しかし、中には洗浄力が強すぎる界面活性剤もあります。アミノ酸界面活性剤は、洗浄力がマイルドなため、頭皮に大きなダメージを与えません。

薄毛を予防・改善するシャンプーの方法

間違った方法でシャンプーをすると、頭皮へのダメージによって薄毛のリスクが高まります。そのため、シャンプーの方法を見直し頭皮環境が整うことで、薄毛が改善する可能性があるのです。正しいシャンプーの方法を以下で説明します。

シャンプー前に髪をぬるめのお湯で洗う

シャンプーをする前に、まずは髪と頭皮をぬるめのお湯で丁寧に洗いましょう。髪と頭皮についたホコリやゴミを落とすことで、シャンプーが泡立ちやすくなります。

また、ぬるめのお湯を使う理由は、頭皮に必要な皮脂を洗い流しすぎないようにするためです。皮脂は、頭皮をダメージから守ったり水分の蒸発を防いだりしています。

シャンプーの洗い方・流し方

シャンプーは、必ず手のひらで泡立てましょう。また、髪の量や頭のサイズに合わせて、適量を使うことが大切です。目安として、500円玉サイズ、あるいは説明書記載の推奨量を手に取りましょう。少量のお湯を加えて、十分に泡立ててから、もみ込むように洗ってください。

このとき、マッサージをするように洗うと、血流が促されて髪の成長に良い影響を与えられる可能性があります。また、シャンプーは念入りに洗い流すことが大切です。シャンプーが頭皮に残ると、炎症の原因にもなります。

髪の乾かし方

まずはタオルで髪についた水分をふき取りましょう。ドライヤーは、髪から20cm以上離して、頭皮を乾かすようにあててください。近すぎる距離からドライヤーをあてると、頭皮と髪が熱ダメージを受けてしまいます。また、ドライヤーは常に振って、同じ箇所に熱が集中させないことが大切です。

頭皮と髪へのダメージを心配して生乾きにすると、雑菌が繁殖して頭皮トラブルが起こる恐れがあります。フケやにおい、薄毛の原因になる場合があるため、必ずドライヤーで乾かしましょう。

効果的な頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージには、頭皮の血流を促すことで髪に必要な栄養を毛乳頭細胞へ届きやすくする効果が期待できます。次のようにマッサージしましょう。

  • 前頭部をマッサージする
    生え際の中央に両手10本の指をあて、上下に5~6回動かしましょう。少しずつ両サイドへと移動していき、こめかみをくるくるとマッサージしてください。

 

  • 側頭部をマッサージする
    耳の上に指をあて、円を描くようにマッサージしましょう。マッサージしながら頭頂部に向かって少しずつ移動してください。

 

  • 頭頂部をマッサージする
    両手10本の指で頭部全体をつかみ、頭皮を動かすようにマッサージします。

 

  • 後頭部をマッサージする
    首の付け根に指をあて、もみほぐしながら上方向へ移動しましょう。後頭部に達したら、左右へ移動しながらもみほぐします。最後に、中指と人差し指で耳の後ろのくぼみをくるくるとマッサージしてください。

マッサージは、清潔な指で爪を立てずに行いましょう。

育毛剤・発毛剤で頭皮ケアを行う

育毛剤は、頭皮環境を整えることが目的で、発毛剤は髪を生やしたり育てたりすることが目的です。薄毛に効果が期待できる、次の成分を含む発毛剤と育毛剤を使いましょう。

  • ミノキシジル
    ミノキシジルは、髪の成長を促す効果が認められている成分で、発毛剤にのみ含まれています。

 

  • ケラチン
    ケラチンは、皮膚の角質層を作るために必要な硫黄が含まれているタンパク質です。頭皮環境を整えることで、結果的に薄毛にアプローチできる可能性があります。

 

  • L-シスチン
    L-シスチンは、皮膚や髪の主成分です。髪の成長に欠かせないため、育毛剤で補いたいところです。

女性の薄毛改善が期待できる生活習慣の見直し

女性の薄毛改善が期待できる生活習慣の見直し

生活習慣を見直し改善するだけでも薄毛の予防・改善には有用です。以下に見直したい生活習慣を示します。

<生活習慣の見直し>

  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスは適度に発散する
  • 髪に栄養のある食事をとる
  • サプリメントで補う

生活習慣を見直す方法と、効果について詳しく解説します。

睡眠をしっかりとる

髪の成長に深く関係している成長ホルモンは、入眠から90分間に多く分泌されるといわれています。そのため、眠りが浅かったり睡眠時間が足りていなかったりすると、成長ホルモンが不足して薄毛のリスクが上がるのです。

質の高い睡眠をとるためには、寝る前のスマホやパソコンの操作は控えましょう。また、最適な睡眠時間には個人差があるため、まずは自分に必要な睡眠時間を知ることが大切です。

ストレスは適度に発散する

ストレスは、ホルモンバランスを乱すため、髪の成長に悪影響を及ぼします。薄毛を気にすることもストレスにつながるため、できるだけ気にしないことが大切です。帽子やウィッグを活用すれば、人目を気にする必要がなくなります。

また、適度な運動、趣味を楽しむなどによるストレス解消を習慣づけましょう。考えすぎたり、責任を感じすぎたりする方はストレスが溜まりやすいため、臨床心理士に相談してみることをおすすめします。

髪に良い栄養がある食事をとる

髪に必要な栄養は、タンパク質やビタミン、ミネラルなどです。髪にいい影響を与える栄養素と食べ物を詳しくみていきましょう。

  • 肉・魚・卵(タンパク質)
    タンパク質には、髪を形成するケラチンのもとになるアミノ酸が豊富に含まれています。

 

  • ほうれん草・小松菜・にんじん(ビタミンA・ビタミンE)
    ビタミンAとビタミンEには、血行を促す働きがあります。頭皮の血行が促されることで、毛乳頭細胞へ栄養が行き渡りやすくなります。

 

  • 豚の赤身・マグロ・レバー(ビタミンB群)
    ビタミンB群には、頭皮の新陳代謝を促す働きがあります。頭皮環境を整えることで、薄毛の改善を促します。

 

  • 牡蠣・チーズ・アーモンド(亜鉛)
    亜鉛は、ケラチンの合成をサポートするミネラルです。不足すると、ケラチンの合成に支障をきたす可能性があります。

1日3食、さまざま食べ物をバランスよく食べることが大切です。

サプリメントで不足している栄養を補う

外食続きで栄養が偏りがちなときは、サプリで補うといいでしょう。ビタミンAやビタミンB群、アミノ酸、亜鉛など、さまざまなサプリがあります。しかし、栄養の過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす恐れがあるため、目安量を守って飲むことが大切です。

また、自分に不足している栄養を確認したうえで、適切な量を飲みましょう。たとえば、ビタミンAのサプリを飲むとき、普段の食事からある程度のビタミンAをとれている場合は、目安量を飲む必要はありません。2錠が目安量の場合は、1錠だけでもいいでしょう。

サプリに含まれているのは単なる栄養成分のため、特定の薬を除き、飲み合わせを気にする必要がありません。ただし、薬を服用している場合は、サプリとの飲み合わせに問題がないか、かかりつけ医に確認しておくと安心です。

まとめ

女性で薄毛が気になる方は、生活習慣やヘアケアを見直しましょう。本格的な改善を求めるのであれば、医療機関で治療を受けることが大切です。投薬治療や注入治療、LED治療など、さまざまな治療の中から自分に合った方法を選びましょう。また、通院するにしても自宅でのケアは続けることをおすすめします。治療を受けながら対策を続けることで、効率よく改善できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました