顔の毛穴が目立つ原因とスキンケア・メイク方法~毛穴開きの改善と毛穴レスになれるメイク術

ヘルスケア

鏡を見るたびに頬や鼻周りに目がいくのは、毛穴が目立つから。

このような女性は少なくありません。毛穴をカバーしようとファンデーションを塗って、余計に毛穴が気になるという人は、メイク方法に問題があるのかも。

毛穴が目立つ原因や毛穴の引き締め方法などとともに、メイクで毛穴をカバーする方法を紹介しています。

毛穴への対策法を自分のものにして、自信のもてる肌を手に入れましょう。

毛穴が目立つ原因

毛穴は、真皮からのびる毛包管の開口部。ここには、皮脂腺も付随していますが、毛包管・皮脂腺はともに大きいため、毛穴は開くとはっきりわかります

さらに顔は毛穴がとても多い部位。ただでさえ大きな毛穴に、皮脂や加齢といった要因が重なると悪目立ちしてしまうのです。

毛穴が目立つようになるのにはさまざまな原因があり、個々人で異なりますが、大きくは以下の三つ。自分の毛穴が目立つようになった原因を正しく把握し、適切にケアしましょう。

  • 角栓による詰まり毛穴
  • 加齢による肌のたるみ毛穴
  • 皮脂の過剰分泌による開き毛穴

角栓による詰まり毛穴

毛穴の詰まり

小鼻周辺や鼻の先に見える黒いボツボツとした毛穴は、角栓が詰まった「詰まり毛穴」。

人目につく黒いポツポツ、これが角栓です。

角栓とは、汗や皮脂、古い角質などが毛穴の中で混ざり合い、詰まったもの。

また、角栓は本来、ウイルスや外部の細菌などから毛穴を守るという大切な役割を担っています。

角栓はもともと、自然にはがれ落ちるべきものですが、さまざまな要因からはがれ落ちないことがあります。

角栓が毛穴に詰まり酸化することで、黒ずんで見えるものが「詰まり毛穴」なのです。

加齢による肌のたるみ毛穴

加齢による肌のたるみ毛穴

年齢を重ねるにつれ、肌のハリや弾力はどんどん失われていきます。さらに肌がゆるんだりたるんだりすると、毛穴が細長く開き、目立つようになります。これが、「肌のたるみ毛穴」です。

毛穴は本来丸いかたちをしていますが、「肌のたるみ毛穴」の場合はしずくのような楕円形をしています。

こうした毛穴の開き方をしていたり、頬を指で引っ張ったときに毛穴が目立たなくなったりするようなら、毛穴目立ちの原因は肌のたるみにあると考えてよいでしょう。

皮脂の過剰分泌による開き毛穴

脂の過剰分泌による開き毛穴

ポツポツとした丸形の毛穴が目立つようになったときは、皮脂の過剰な分泌が原因の「開き毛穴」かもしれません。これは、皮脂が毛穴を押し広げ、生じたものです。

広げられた毛穴に皮脂が詰まり、白く見えたり、酸化して黒くなっていたりすることもあります。

皮脂の分泌量が増えるのは、気温の上昇、偏った食生活などが原因とされています。

皮脂のバランスをうまくコントロールできないまま放置していると、さまざまな肌トラブルを引き起こす可能性もあるため注意しましょう。

毛穴の引き締め方法

毛穴の引き締め方法

毛穴の角栓が大きくなれば、毛穴はさらに開いてしまいます。毛穴がさらに開いて目立つようになる前に毛穴を引き締めておきましょう。

毛穴を引き締める方法として、皮脂分泌を抑える5つの方法を紹介します。

  • 食事や睡眠を見直す
  • 洗顔・入浴後はできるだけ早く保湿
  • クレンジングは時間をかけて丁寧に
  • 日焼け止めや日傘で紫外線対策
  • 表情筋を鍛える

たんぱく質・ビタミンB郡・カルシウムなど各栄養素を偏りなく摂る

毛穴のトラブルは、スキンケアで改善できるものではありません。健康な肌を保つためには、内側からのケアが非常に重要なのです。

身体を作るのは、自分が食べたもの。食べ物が、きれいなハリのある肌を作るともいえるでしょう。

目立つ毛穴を何とかしようと思うなら、まずは食生活の改善から。身体に必要な栄養素をまんべんなく摂れば、肌トラブルの改善が期待できます。

肌によいとされる栄養素は、皮脂分泌を抑制するというビタミンB2やビタミンB6、皮脂の異常角化を抑えるビタミンAです。こうした栄養素は、卵や海苔、鶏肉、まぐろ、にんじんなどに多く含まれています。

ただし、肌によいとされる栄養素だけを単体で補ってもさほど意味がありません。さまざまな種類の食材を摂ることで、身体の内側から肌トラブルを改善していくことが大切なのです。

睡眠時間の長さより入眠後1時間の質にこだわる

「お肌のゴールデンタイム」という言葉を耳にしたことはありませんか?

この言葉が示すとおり、睡眠は、肌をきれいに保つうえで重要な役割を果たしています。

しかし、正しく眠るというのは長時間睡眠をとればいいというわけではありません。寝入って最初の深い眠りを大切にすることが、睡眠の質を高めることであり、正しく眠ることなのです。

入眠後1~3時間で、人の体内では成長ホルモンが大量に分泌されます。この成長ホルモンが、細胞を修復させたり新陳代謝を促進したり、タンパク質を合成してくれたりするため、美容や健康に欠かせないものです。

成長ホルモンを大量に分泌する入眠後1~3時間こそ、「お肌のゴールデンタイム」です。この時間帯にぐっすり眠れるよう、習慣づけましょう。

洗顔・入浴後はできるだけ早く保湿

毛穴が目立つ原因の一つが、肌のキメの乱れ。角質層のうるおいが不足すると、肌のキメも乱れてしまうため、毛穴目立ちを防ぐためにはうるおいを保つことも重要です。

洗顔・入浴後にすぐに保湿すべきとされるのは、洗顔・入浴後に肌が急速に乾燥しはじめ、洗顔・入浴前より肌水分量が低くなってしまうからです。

肌の過乾燥が始まるのは、お風呂から出て約10分後のため、入浴後10分以内に丁寧に保湿することが、毛穴目立ちを改善する方法となります。

クレンジングは時間をかけて丁寧に

クレンジングをしっかりおこなって過剰な皮脂をしっかり落とせば、毛穴の開きも改善します。

クレンジングする際は、クレンジング剤をたっぷり使うようにしましょう。

また、洗い流すときは、肌を必要以上に乾燥させないよう、36~38度のお湯を使うのがポイントです。

クレンジング剤を肌につけたら、ゴシゴシとこすりつけずにすっとなじませましょう。

ただし、肌にやさしいとうたっているクレンジング剤でも、肌に負担がかかるのは事実です。

オイルクレンジングであれ、クリームクレンジングであれ、洗い流すまでの時間としては1分以内を意識しましょう。その時間の中で、クレンジング剤をしっかり丁寧に落とすことが重要です。

日焼け止めや日傘で紫外線対策

紫外線は、肌内部のコラーゲンを破壊し肌の老化を加速させます。紫外線で肌のターンオーバーが乱れると肌のハリもなくなって、毛穴が目立つようになってしまうのです。

紫外線を防ぐためには、何らかの対策が必要になります。日焼け止めや日傘、帽子などを活用して紫外線防止に努めましょう。

日焼け止めは夏場だけに塗ればいいというものではないため、1年を通して塗るのがおすすめです。

また、顔に塗った日焼け止めは取れやすいため注意してください。日焼け止めの効果を最大限得たいなら、2時間おきに塗りなおすのがおすすめです。

表情筋を鍛える

表皮・真皮・皮下組織と構成される肌のそのまた下に、表情筋があります。

この表情筋が痩せてしまうと、皮下脂肪が支えられず、たるみにつながってしまうのです。

肌のたるみは毛穴目立ちの原因の一つ。たるみを防ぐためにも表情筋のエクササイズをしましょう。

1分【筋肉ストレッチ】簡単表情筋エクササイズ!豊かな表情を作るストレッチ

<表情筋を鍛えるエクササイズの一例>

表情筋の動きを意識しながら、「リフトアップ」と発音しましょう。

この際、重要なのは鏡を見ながらエクササイズすることです。1字ごとにしっかり口を大きく動かして発音し、10秒間その表情をキープします。最初と最後に笑顔になるのも大切なポイントです。

ファンデーションで毛穴が余計に目立つ?

ファンデーションで毛穴が余計に目立つ

毛穴をカバーするために、ついファンデーションを厚塗りしてしまい、余計に毛穴が目立つ。そんなケースも少なくありません。これは毛穴落ち毛穴浮きなどが原因です。

毛穴落ちとは、ファンデーションを塗ったあとに毛穴がポツポツと目立った状態のことをいいます。ファンデーションの粉が毛穴の中に埋まってしまったもので、いったんこの状態になるとメイクでカバーするのは難しくなります。

一方、毛穴浮きというのはファンデーションそのものが浮いてしまい、毛穴が目立つ状態のこと。これは、皮脂が過剰に分泌され、過剰な皮脂が肌とファンデーションの間に挟まってしまっているからです。

メイクで毛穴をカバーする方法

メイク用品の選び方や使い方次第で毛穴をカバーすることは可能です。ここでは、毛穴をしっかりカバーできるメイク用品とそのメイク方法を、以下の6つのジャンルから紹介します。

<毛穴カバーに役立つメイク用品>

  • 化粧下地
  • クッションファンデーション
  • パウダーファンデーション
  • ミネラルファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • フェイスパウダー

毛穴を目立たせない下地の塗り方

化粧下地は、肌のキメをきれいに整え、目立つ毛穴をカバーしてくれるもので、ファンデーションをきれいに塗りたいという人には欠かせないアイテムです。

化粧下地を塗る際の大切なポイントは、ムラなく塗ること。顔全体に丁寧に塗りこみ、薄づきに仕上げましょう。

化粧下地の塗り方

<毛穴を目立たせない化粧下地の塗り方>

  1. 手のひらもしくは甲に化粧下地を適量出し、両頬、おでこ、あご先、鼻すじの5ヶ所に置く
  2. 指の腹で、顔の中心から外側へとすべらせながら伸ばすのがポイント
  3. おでこは中央から生え際に、あご先はフェイスラインに向かって、鼻すじは上から下になじませる
  4. よく動かす目や口元周辺は、最後に丁寧に仕上げる

クッションファンデーション

クッションファンデーションは、豊富に含まれた美容成分でお肌をケアしつつ、毛穴をきれいにカバーしてくれます。密着感が高く、保湿力に優れているため、乾燥肌の人にもおすすめです。

【簡単!】基本のクッションファンデーションの塗り方

<毛穴をカバーするクッションファンデーションの塗り方>

  1. スポンジにファンデーションを少量含ませる
  2. クッションファンデーションを塗る際は、たたき込むように塗ること。頬やおでこといった広いところから塗り始める。狭いところは、スポンジを折り込んで使う
  3. 塗り終わったら、スポンジを軽くティッシュオフする
  4. 余計なファンデーションを取ったスポンジで顔全体をタップし、ファンデーションをなじませる

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションとは、乾燥している固形タイプのもので、十分に保湿したうえで使う必要がありますが、脂性肌の人にはおすすめです。携帯しやすいので、化粧直し用としても便利です。

【ベースメイク】パウダーファンデで作るふわふわ肌

<毛穴をカバーするパウダーファンデーションの塗り方>

  1. 小鼻周辺や頬、Tゾーンなど、毛穴の目立つ部分に下地をなじませる
  2. 大きめのフェイスブラシにパウダーファンデーションを取り、ふんわり顔全体にのせる
  3. ムラが出ないよう、最後に指を使って塗り広げるのもポイント

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは、天然鉱物だけで作られたファンデーション。肌への負担が少なく、敏感肌の人でも安心して使えるのが特徴です。ナチュラルに仕上がりますが、カバー力はやや弱め。パウダーのほかにも、リキッド、クリームなどさまざまなタイプがあります。

【ツヤ肌ベースメイク】パウダーでもツヤは作れる?ミネラルファンデの使い方

<毛穴をカバーするミネラルファンデーションの塗り方>

  1. 下地を使って肌の皮脂や汗を抑える
  2. ファンデーションをパール1粒分ほどフタに取り、ブラシでクルクルしながら含ませる
  3. ムラづきを抑えるため、余分なパウダーを落とす。ブラシをフタの端でトントンとたたく
  4. 顔の中心から外側に向かって、ブラシをクルクルと動かし、ファンデーションをのせる
  5. カバー力を上げたい場合は、ステップ2~4を5回ほど繰り返す

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、保湿力、カバー力に優れた乳液のようなテクスチャーのファンデーションです。持続力があり、しっかりメイクにもデイリーメイクにも大活躍。油性肌の人は、フェイスパウダーなどを併用すれば、テカリを防げます。

【初心者メイク】塗り方が超重要!プロが教えるリキッドファンデーションで美肌を作る【ベースメイクの基本】

<毛穴をカバーするリキッドファンデーションの塗り方>

  1. 頬の高い部分からファンデーションをのせて下まぶたに向かって薄く広げ、なじませる。指に残ったファンデーションを上まぶたにのせ、目尻に向かってトントンとたたき込む
  2. 頬の内側に残っているファンデーションを小鼻周辺に向かって広げ、指に残ったファンデーションを額の中心から上下に伸ばす
  3. 頬の外側のファンデーションは、フェイスラインに向けて伸ばす。指に残ったファンデーションを口元に広げれば完成

フェイスパウダー

フェイスパウダーは、ファンデーションの後にのせることで、肌の皮脂を抑え、サラサラの質感にしてくれるものです。肌のトーンが少し明るくなるだけでなく、メイク崩れを抑える効果も期待できます。メイクの仕上げ後、顔全体にもちいるのが「ルースパウダー」、固形状のものが「プレストパウダー」です。

【軽ふわ肌】筆でフェイスパウダーを塗る時の基本!

<メイク崩れを防止するプレストパウダーの使い方>

  1. ブラシをパウダーの表面でクルクル動かし、ブラシ全体にまんべんなくパウダーをつける
  2. ブラシを寝かせるように肌に当て、顔のラインにそって、内側から外側へとやさしくパウダーをつける

毛穴の開きを改善する化粧品や薬はある?

紹介してきたように、毛穴目立ちをカバーするメイク用品はさまざまあり、肌質や目的などに合わせて選ぶことができます。保湿力に優れているものもあり、肌のキメを整えるのにも役立つでしょう。

しかし、その効果はあくまでも一時的なものです。毛穴の開きという問題を根本的に解決する手助けにはなりません。

開いてしまった毛穴を何とかしたいという場合は、皮膚科を受診するのも手ですが、一定期間継続して通う必要があります。

まずは、日ごろの生活習慣を見直し、食生活・睡眠時間を改善することから始めてみましょう。

まとめ

毛穴目立ちに悩む人に向けて、その原因や対策について解説しました。毛穴が目立ってしまう原因は人それぞれです。

生活習慣の乱れや加齢などが原因になっていることもあります。

まずは、肌のハリを取り戻すために、身体の内側から改善を図りましょう。

さらに、カバー力に優れたメイク用品を選び、適切な使い方で活用することも一つの方法。

鏡を見るたびにため息をつくような毎日とはサヨナラするために、適切な対策を行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました