スキンケアの基本ステップは2つ!洗顔と保湿を正せば肌は綺麗になる

ヘルスケア
Young beautiful woman applies cream on clean perfect skin. Beauty portrait close-up

肌の状態が悪いとき、どうすればいいかわからない場合は「洗顔」と「保湿」を見直してみましょう。

スキンケアの基本となる洗顔と保湿の方法や、年齢に応じたケア方法を紹介していきます。

スキンケアの基本は洗顔と保湿!

正しい方法でスキンケアを毎日続けることで美肌効果が期待されます。

次の二つのスキンケアを習慣化しましょう。

  • 肌の汚れを落として清潔に保つ
  • 肌をしっかり保湿して乾燥を防ぐ

基本は、肌についた汚れを洗い流し、肌の失われた水分と油分を補給して乾燥を防ぐことです。具体的なスキンケアの方法を詳しくみていきましょう。

①肌の汚れを落として清潔に保つ

肌の汚れは、クレンジングと洗顔で落とします。

ただし、単に洗い流せばいいわけではありません。メイクに含まれる油分を肌に残さず、そのほかの汚れも落とすことが大切です。

また、間違った方法で洗うと、肌の水分や油分が減って肌トラブルのリスクが上がります。

そのため、正しいクレンジングと洗顔の方法を押さえておくことがポイントです。次の項目では、これらのポイントについて詳しく解説します。

クレンジングの使い方

肌に負担をかけないクレンジングの使い方 アクセーヌ

クレンジングの役割は、メイクや日焼け止めなどの油脂性の汚れを落とすことです。

洗顔では、メイクや日焼け止めを十分に落とせません。

肌に油汚れが残ると、肌に炎症が起こるおそれがあるため、以下のような正しい手順でクレンジングを行いましょう。

<クレンジングの手順>

  1. 専用リムーバーでアイメイクを落とす
  2. クレンジング剤を適量手にとり、おでこ・頬・鼻・あごにのせる
  3. 両手で内側から外側に向かって円を描くようになじませる
  4. 30~35度のぬるま湯で洗い流す

リムーバーを使う理由は、ポイントメイクをクレンジング剤だけで落とすことが難しいためです。

洗顔の方法

キレイの基本 洗顔の方法<フルバージョン>|資生堂

洗顔では、肌に残った古い角質と皮脂汚れを落とします。洗顔の手順は次のとおりです。

<洗顔の手順>

  1. 洗顔料を泡立たせるネットなどでしっかりと泡立てる
  2. おでこ・頬・鼻・あごに泡をのせて、はじめにTゾーンをくるくると指でやさしく洗う
  3. 30~35度のぬるま湯で丁寧に洗い流す
  4. やわらかいタオルで水分を取り除く

しっかりと泡立てて、キメ細かい泡で洗うことで、毛穴汚れまですっきりと洗い落とせるでしょう。

②肌をしっかり保湿して乾燥を防ぐ

クレンジングと洗顔の後は、しっかり保湿することが大切です。

正しい方法で汚れを落としたあとで肌に水分と油分を補うことで、肌のバリア機能をキープできます。

保湿を怠ると肌が乾燥してバリア機能が低下し、少しの刺激で肌トラブルが起きてしまうのです。

正しい方法で保湿するために、以下のポイントを押さえておきましょう。

化粧水の使い方

キレイの基本 化粧水のつけ方・使用量|資生堂

化粧水には、肌に水分を与える役割があります。

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を肌に与えることで、肌のうるおいをキープできるのです。

化粧水は、次のように使いましょう。

<化粧水の付け方>

  1. 適量を手にとる
  2. 乾燥しやすい頬から塗り、顔全体に優しく広げる
  3. 押し当てるように肌になじませる
  4. 特に乾燥が気になるところは、化粧水を重ねづけする

保湿力が高い化粧水でケアすることで、乾燥肌でもバリア機能をしっかり高められます。

美容液の使い方

STEP4 美容液の使い方

美容液には、美白や保湿、ハリを与えるなどさまざまな役割があります。

乾燥が気になる場合は保湿美容液、シミやくすみが気になる場合は美白美容液を選びましょう。

美容液は次のように使ってください。

<美容液の付け方>

  1. 美容液を適量手にとる
  2. はじめに頬に塗り、顔全体に広げていく。
  3. ゆっくり押し当てるように肌になじませる
  4. 乾燥が気になるところには、美容液を重ねづけする

ヒアルロン酸やセラミド、天然保湿因子などの保湿成分が含まれた美容液を使いましょう。

乳液・クリームの使い方

うるおいをキープするスキンケア 乳液編

乳液は、水分と油分を与え、クリームは肌の表面に油分の膜を貼る役割があります。

乾燥が気になる場合は、乳液とクリームの両方を使いましょう。油分が足りているのであればクリームを使う必要ありません。

また、TゾーンやUゾーンは皮脂分泌が活発で多めなため、自分の肌の状況によって使用量を調節してください。

乳液は次のように使いましょう。

<乳液の付け方>

  1. 適量を手にとる
  2. 乾燥が気になる目元や口元、頬を中心に押し当てるようになじませる

皮膚が薄く皮脂の分泌が少ない目元や口元には、クリームも塗ることをおすすめします。

スキンケアの順番

スキンケアの順番

美肌へと導くには、正しい順番でスキンケアする必要があります。

例えば、クリームで油分の膜を作ってから化粧水を塗っても肌になじみませんし、汚れている肌に美容成分を塗っても、汚れによる炎症や刺激によって美容効果を実感しにくくなるでしょう。

スキンケアの順番について、朝と夜に分けて詳しく見ていきましょう。

朝に行うスキンケアの順番

朝のスキンケアの目的は、これから受けるダメージを防ぐことです。

外出時には、外気にさらされたり化学物質が付着したりするため、肌がダメージを受けます。

ダメージを抑えるために、次の順番で正しくスキンケアしましょう。

<朝のスキンケア>

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液・クリーム
  5. 日焼け止めクリーム

また、オールインワン化粧品であれば、一つで化粧水と美容液、乳液の効果を得られます。

UVカットタイプであれば日焼け止めクリームも不要です。

朝は準備に追われてスキンケアが雑になりがちですが、ダメージを防ぐためにも一つひとつの工程を大切に行いましょう。

夜に行うスキンケアの順番

夜のスキンケアの目的は、昼間に付着した汚れやメイクを取り除くことです。

また、寝ている間に肌ダメージを修復するために、肌に栄養を補いましょう。

次の手順でスキンケアしましょう。

<夜のスキンケア>

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液

寝ている間に皮脂が分泌されるため、クリームは不要です。

ただし、皮脂の分泌が少ない方はクリームの使用を検討してください。

また、美容液を塗るのではなく美容パックにしてもいいでしょう。

ただし、頻繁なパックは肌への過度な刺激になりかねないため、週1~2回程度に留めることが大切です。

年代別スキンケアのポイント

スキンケアはターンオーバーの周期の異なる年代に応じて対策を変更しましょう。年齢によって肌の悩みは異なるため、悩みに応じたスキンケアを習慣づけることが大切です。

ここからは、30代、40代、50代と、各年代のスキンケアにおいて押さえておきたいポイントを解説します。

30代のスキンケアのポイント

20代はまだまだ肌の状態を良好に保ちやすいため、洗顔や保湿が多少不足していても、肌トラブルは起こりにくいです。

しかし、30代になると簡単に肌トラブルが起こるようになるため、毎日の欠かさないスキンケアが大切です。

30代になると肌のキメが乱れて乾燥やくすみ、皮脂の過剰分泌などのトラブルが起こりやすくため丁寧な洗顔が重要です。

また、乾燥を防ぐために化粧水と保湿美容液で徹底的に保湿しましょう。

30代でスキンケアができていないと、40代や50代でシミやしわ、たるみとなって現れます。

40代のスキンケアのポイント

40代では、30代よりさらにターンオーバーが遅れて乾燥や皮脂の過剰分泌などに悩まされやすくなります。

また、シミやくすみ、たるみ、しわなどが目立つようになるため、正しい洗顔や保湿だけではなく悩みに応じた美容液で徹底的にケアしたいところです。

これらのシミやくすみには美白美容液、たるみやしわにはハリ美容液を使いましょう。継続的に使うことで肌の状態の改善が期待されます。

また、加齢とともに肌のターンオーバーが遅れるため、古い角質によるくすみや乾燥にも悩まされがちです。ピーリングで古い角質をケアしたり、日中こまめに保湿ケアしたりしましょう。

50代のスキンケアのポイント

50代では、40代よりさらにターンオーバーが遅れるため、角質ケアや正しい洗顔、徹底的な保湿などを心がけましょう。

また、更年期による女性ホルモンの低下によって皮脂の分泌が増加します。ホルモンバランスを整えて皮脂の分泌が落ち着けば、肌トラブルのリスクも下がります。そのうえで、正しいクレンジングや洗顔、保湿ケアなどを心がけましょう。

また、ターンオーバーが遅れることでシミができやすくなるため、紫外線対策を徹底してください。

まとめ

スキンケアの基本は洗顔と保湿です。

洗顔と保湿を徹底することで、40代、50代と年齢を重ねたときの肌の状態が大きく変わります。

また、紫外線対策を徹底してシミやくすみを防ぐことも大切です。自分の肌の状態や悩みに合わせたケアを心がけてください。

正しいケアを続けることで、シミやシワ、たるみなどがない滑らかな美しい肌を長くキープできるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました