肌のターンオーバー周期を把握して肌荒れを対策!周期の計算方法とは

ヘルスケア

さまざまな肌トラブルの原因として考えられるターンオーバーの乱れ。

年齢を重ねるにつれてターンオーバーの周期が遅くなるため、どうにか早めようと考える人は多いかもしれません。

しかし、ターンオーバーは早すぎても肌にとって悪影響となります。

肌のターンオーバーがどのような影響をもたらすのか、さらに周期の計算方法について紹介していきます。

肌の代謝「ターンオーバー」とは

肌は健康な状態をずっと維持できるわけではなく、一定のサイクルを持って新しい肌へと生まれ変わっています。

この新陳代謝の仕組みが「肌のターンオーバー」です。ターンオーバーは、肌を健康に保つうえで欠かせないもので、サイクルに乱れが生じるとさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。

例えば、外部刺激から肌を守るために角層には保湿成分が豊富に満たされています。

そこでターンオーバーが乱れると角層の保湿成分が不足する原因となり、肌を守るためのバリア機能が弱まってしまいます。

そのため、肌の乾燥を引き起こす原因にもつながります。

肌のターンオーバーの周期

肌のターンオーバーの周期

ターンオーバーの周期は個人差もありますが、20代の人の健康な皮膚では約28日周期で繰り返されます。ターンオーバーが正常に行われていると、肌の奥深くで肌をつくるための皮膚細胞が生成され、肌の表面に向かって成長しながら押し上げられてきます。

その後、それらは肌の表面にある垢や余分な角質として排出されます。そして、新たに皮膚細胞がつくられるといった一連の流れでターンオーバーは行われているのです。

肌のターンオーバーの周期について、もう少し詳しく見ていきましょう。

ターンオーバー周期の計算方法

肌のターンオーバーの周期は、年齢やその人の状況によって異なります。

  • 20代:28日前後
  • 30代:40日前後
  • 40代:55日前後
  • 50代:75日前後
  • 60代:100日前後

肌のターンオーバーの周期は、「実年齢×1.5(〜2)」で求めることができます。

個人差はありますが、ターンオーバーの周期と年齢は密接に関係しているのです。

一方で、ターンオーバーの周期の速度は、年齢以外の方法でもある程度見分けることが可能です。

ターンオーバーの早い・遅いを見分ける方法

ターンオーバーが早い人と遅い人の特徴は、それぞれに次の項目の通りです。

<ターンオーバーが早い>

  • 肌が乾燥しやすい
  • 肌荒れしやすい
  • よくピーリングを行う

<ターンオーバーが遅い>

  • 肌がザラザラしている
  • ケガの跡やシミが消えづらい
  • 肌がくすんでいる

ご自身の肌の状況が、いずれかの項目に該当していないかチェックしてください。ターンオーバーは、必ずしも早ければいいというものではなく、早すぎても遅すぎてもよくありません。

肌のターンオーバーが乱れる原因

肌トラブルの原因となってしまうターンオーバーの乱れ。肌の健康を守るために、適切なサイクルを維持したいところですが、そもそも、どうして周期が乱れてしまうのでしょうか。

肌のターンオーバーの乱れには、内的要因と外的要因の二つが考えられます。ここでは、それぞれの要因について、具体的に説明していきます。

内的要因によるもの

肌のターンオーバーが乱れる内的要因には、次の四つが挙げられます。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢

皮膚の再生に必要な成長ホルモンは、私たちが眠っている間に活発に分泌されますが、睡眠が不足していると皮膚が適切に再生されません。

また、精神的ストレスによりホルモンバランスに支障が出ると、肌が荒れるだけでなく、睡眠の質も低下します。

このように、生活習慣の乱れはターンオーバーの乱れにもつながるのです。

外的要因によるもの

次に肌のターンオーバーが乱れる外的要因には、次の四つが挙げられます。

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 洗顔のやりすぎ
  • 物理的な刺激

乾燥や紫外線を浴びることで肌を守るための機能が弱ると、炎症や肌荒れなどさまざまな肌トラブルが引き起こされます。

また、肌を清潔に保つために洗顔することは有効ですが、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、こするように洗ったりすると、かえって肌に負担がかかりターンオーバーの乱れにつながるのです。

肌のターンオーバー周期と肌トラブルの関係

ターンオーバーの周期が乱れる原因には内的要因と外的要因の二つがありますが、具体的にどのような影響によって、ターンオーバーが乱れるのでしょうか。

生理周期のホルモンバランスの変化と肌への刺激が、ターンオーバーの乱れにどのように影響しているのか、さらに周期と肌トラブルの関係性について見ていきましょう。

生理周期のホルモンバランスの変化

生理の周期とホルモンの分泌量は密接に関わっています。生理の1週間前になると体内に黄体ホルモンが活発に分泌されます。

黄体ホルモンは、イライラや眠気を引き起こすだけでなく、皮脂の分泌も増加させるため、引き出物やニキビなど、肌が荒れる原因となってしまうのです。

また、ターンオーバーの周期はホルモンバランスの影響を多分に受けているため、生理が近づくことが、ターンオーバーの乱れにもつながり、肌トラブルを引き起こします。

肌への刺激

健康な肌には、外部刺激によるダメージから肌を守るためのバリア機能が備わっていますが、肌表面の水分と油分のバランスが崩れることで、この機能が弱まってしまいます。

特に、肌への直接的な刺激は要注意です。洗顔をしすぎると肌への摩擦が大きくなり、肌に余計な負荷をかけてしまいます。

直接的な刺激が重なることは角質をはがすことにもつながり、結果的にターンオーバーのサイクルを乱してしまうのです。

また、紫外線やPM2.5といった環境的な刺激も肌荒れを引き起こす原因になります。

肌のターンオーバー周期を整える方法

肌のターンオーバー周期を整える方法

肌のターンオーバーの周期を整えるためには、生活習慣の見直しや、バランスのよい栄養摂取が大切です。具体的に、次のポイントを押さえておきましょう。

  • バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • 質の良い睡眠
  • 正しいスキンケア
  • サプリメントの使用

食事で肌によい栄養素を摂り入れる

肌のターンオーバー周期を整えるためには、バランスのよい食事が大切です。

<肌によいとされる栄養素・食品>

  • ビタミンB群
    皮脂の分泌量を調整し、ターンオーバーの周期を整えます。
    例:レバー、たまご、うなぎ、アーモンド
  • ビタミンC
    酸化による肌トラブルを防ぎ、コラーゲンの生成を促します。
    例:いちご、柑橘類、ブロッコリー、小松菜
  • ビタミンA
    乾燥を防ぎ、肌を健康な状態に保ちます。
    例:レバー、ほうれん草、うなぎ、しそ
  • ビタミンE
    血液の流れを促進します。
    例:アーモンド、うなぎ、アボカド、大根

適度な運動で血行や発汗を促す

適度な運動もターンオーバーの周期を整えるうえで有効です。

<おすすめの運動>

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳

有酸素運動は血行を促進する効果があり、肌のターンオーバーも促します。

また、運動によって汗をかくことで皮脂の毛穴詰まりを防いでくれるのです。毎日1時間を目安に有酸素運動を行いましょう。

ただし、普段あまり運動をしない人からすると軽い運動であっても毎日行うことは大変です。

そんな場合は、ひと駅多く歩いてみたり、階段を使ったりするなど、日常生活に少しずつ運動を取り入れるところから始めましょう。

肌代謝は睡眠中に活発化

睡眠の質を高めることで、肌のターンオーバーの周期を整えることができます。

質の高い睡眠は、交感神経と副交感神経が相互に作用し自律神経を整え、肌の健康を保ってくれるのです。

肌の新陳代謝は、眠っている間に活発に行われるため、寝不足が続くとターンオーバーの周期の乱れにつながります。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンは、ターンオーバーを促進する働きがあります。特に、午後10時から午前2時の間はターンオーバーが活発化するため、夜ふかしせずに就寝しましょう。

肌を傷つかせないスキンケア

スキンケアでは、次のポイントを意識しましょう。

  • 正しい洗顔方法
    洗顔のとき、肌をこするように洗うと、余計なダメージを与えてしまいます。泡をなじませるように優しく洗いましょう。
  • 肌の乾燥を防ぐ
    肌の乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。特に、入浴後は乾燥しやすいため、化粧水やクリームで肌の潤いをしっかりキープしましょう。
  • 紫外線対策
    紫外線を浴びると、肌の細胞がダメージを受けてしまい、ターンオーバーの周期が早まります。外出時は冬でも日焼け止めを忘れずにつけるようにしましょう。

サプリメントの使用

バランスのよい食事を心がけることは大切ですが、サプリメントで足りない栄養素を補う方法もあります。

ミネラルやビタミンは肌を健康に保つうえで大切な栄養素ですが、食事だけで摂取することは難しいケースもあります。

特にミネラルに関しては、汗と一緒に排出されることもあるため、夏場には不足しがちです。

また、肌のターンオーバーを促進する効果を持つアミノ酸の一種、L-システインも食事だけで摂取することは難しい栄養素の一つです。

このように、不足しやすい栄養素に関しては、サプリメントを使って効率よく摂取しましょう。

まとめ

肌のターンオーバー周期が乱れると、乾燥やニキビといった肌トラブルの原因となってしまいます。

ただし、ターンオーバーは生活習慣を整えることで、少しずつ改善していく可能性があるため、日ごろから規則正しい生活リズムを心がけましょう。

また、食事だけですべての栄養素をバランスよく摂取することは難しいため、サプリメントで足りない栄養素を補うこともおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました