女性の薄毛・抜け毛の原因はホルモンバランスだけじゃない!正しい治療方法と対策を解説

女性の薄毛の原因はホルモンバランスだけじゃない!正しい治療方法と対策を解説 ヘアケア・頭皮のケア

髪のボリュームが低下すると、見た目の印象が大きく変わります。周りの目を気にするあまり、薄毛が気になりはじめてから鏡を頻繁にチェックしている人も多いのではないでしょうか?

また、女性の薄毛はさまざまな原因によって引き起こされるため、具体的にどんな治療をすればいいかわからない人も多いでしょう。薄毛に悩む女性が取るべき対策と正しい治療方法について詳しく解説していきます。

  1. 女性の薄毛は治る?
  2. 女性の薄毛・抜け毛は3種類
    1. 女性男性型脱毛症(FAGA)
    2. 休止期脱毛症
    3. 加齢変化
  3. 女性の薄毛・抜け毛の原因は3つ
    1. 血流の低下
    2. 女性ホルモンの影響
    3. 頭皮のダメージ
  4. 女性の薄毛・抜け毛は病院でのAGA(FAGA)治療が可能
    1. 病院での治療方法
    2. 病院の選び方
    3. 薄毛・抜け毛治療は保険適用外
  5. 女性の薄毛・抜け毛用サプリメント・治療薬のメリットとデメリット
    1. 治療薬の効果
    2. サプリメントの効果
  6. 自宅でできる女性の薄毛・抜け毛対策
    1. 正しいシャンプーで頭皮を清潔に保つ
    2. ヘアケア・スカルプケアで頭皮を毛に良い環境にする
    3. 体に不調を起こさないことが大事
    4. 髪のためには栄養素をバランス良く
    5. 頭皮マッサージで血行をよくする
    6. 頭皮にダメージを与える紫外線に注意
  7. 【世代別】薄毛が目立たないおすすめの髪型
    1. 20代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型
      1. ショート・ボブヘア
      2. ミディアムヘア
      3. セミロング・ロングヘア
    2. 30代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型
      1. ショート・ボブヘア
      2. ミディアムヘア
      3. セミロング・ロングヘア
    3. 40代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型
      1. ショート・ボブヘア
      2. ミディアムヘア
      3. セミロング・ロングヘア
    4. 50代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型
      1. ショート・ボブヘア
      2. ミディアムヘア
      3. セミロング・ロングヘア
  8. まとめ

女性の薄毛は治る?

薄毛を年齢のせいだと諦める人も多いですが、正しく対策をすれば改善が見込めます。

一方、薄毛対策をしているにも関わらず、改善しないという人も少なくありません。その場合は、ご自身の薄毛の原因に対して正しいアプローチを取れていない可能性が高いです。薄毛には種類があり、それぞれに原因も異なります。正しく対策するためには、薄毛の種類と原因を把握することが大切です。

また、妊娠や出産時に薄毛に悩まされることがありますが、この場合は一時的な女性ホルモンの乱れが影響しているため、多くは時間の経過にともない改善します。

女性の薄毛・抜け毛は3種類

女性の薄毛は、大きく三つに分類されます。

  • 女性男性型脱毛症(FAGA)
  • 休止期脱毛症
  • 加齢変化

女性の薄毛は一つではありません。症状が違えば、原因もそれぞれ異なります。ご自身の薄毛を引き起こしている原因を知らないことには、適切な対策はできないのです。

それぞれの薄毛の特徴について確認していきましょう。

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症(FAGA)は、女性ホルモンの低下によって現れます。女性ホルモンには、男性ホルモンによる薄毛の進行を防ぐ役割がありますが、加齢や生活習慣の乱れによって女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンが増加することになり、薄毛の進行へとつながるのです。

女性男性型脱毛症(FAGA)になると、髪の毛の細さが気になりはじめ、頭頂部もしくは全体にかけて髪のボリュームが減少していきます。ただし、すべての髪の毛が抜けてしまうということは少ないです。

休止期脱毛症

休止期脱毛症

毛の成長、退化といったサイクルで髪は生え変わりますが、サイクル途中の休止期で通常よりも抜け毛が増加するケースがあります。この症状が休止期脱毛症です。休止期脱毛症は三つのタイプに分類されます。

  • 急性休止期脱毛

太い毛が抜け、数か月で頭部全体に薄毛が進行します。ストレスやホルモンバランスの乱れを取り除くことで症状は改善されます。

  • 慢性びまん性休止期脱毛

栄養不良や薬剤の影響で、6か月以上のゆるやかペースで少しずつ進行する薄毛の症状です。

  • 慢性休止期脱毛

頭頂部~側頭部にかけて太く長い毛が脱けます。主に若い女性に多い症状で原因は不明です。

加齢変化

加齢にともない1本1本の髪の毛が細くなり、その結果、頭部全体にかけて薄毛が進行していきます。

この加齢によって進行するこの薄毛は、更年期前後から少しずつ症状が出始め、閉経を迎えるころ、より目立つようになります。そのため、加齢変化による薄毛の進行は若い世代の女性に見られることは少ないです。

もし、若いにも関わらず薄毛の進行が気になる場合は、女性男性型脱毛症や休止期脱毛症も疑う必要があるでしょう。

女性の薄毛・抜け毛の原因は3つ

女性の薄毛の原因

女性の薄毛には主に三つの原因があります。

  • 血流の低下
  • 女性ホルモンの影響
  • 頭皮のダメージ

特に、血流の低下や女性ホルモンの影響は、日々の生活習慣やストレスによって引き起こされるため、多くの女性が悩まされています。また、日常生活に潜んでいるからこそ、気づかない間に症状が進んでしまうのです。

これらの三つの薄毛の原因をそれぞれ見ていきましょう。

血流の低下

髪の毛が健康に成長するためには、十分な栄養が必要です。また、血流が低下すると頭皮や髪の毛まで栄養が行きわたらなくなり、成長が妨げられてしまいます。

この血流が低下する主な原因には、精神的なストレスが考えられます。私たちは日常生活のなかで、仕事や人間関係など大なり小なりストレスを感じていますが、上手に発散できていないと体に負担がかかり、血管が縮小してしまいます。血管が収縮してしまうことで血管が狭くなり、そのため頭皮に行きわたる栄養が減少し、血流が低下することで薄毛が進行してしまうのです。

女性ホルモンの影響

女性ホルモンの影響も薄毛の大きな原因です。そもそも、女性ホルモンであるエストロゲンには髪の毛の成長サイクルを整えることで、健康な髪を保つ働きがあります。しかし、加齢や食生活の偏りによって女性ホルモンの分泌量は減少するため、薄毛の進行に悩まされるケースにつながっていくのです。

最近では、ダイエットをする人が多いですが、無理なダイエットは女性ホルモンを減少させる要因の一つです。また、妊娠や出産時に薄毛に悩まされる人が多いのは、女性ホルモンの乱れが関係していると考えられています。

頭皮のダメージ

ヘアケアは、頭皮を健康に保つうえで欠かせませんが、間違った方法で行うと逆にダメージを与えてしまう可能性があります。

例えば、余分な皮脂や汚れを落とすためのシャンプーです。しかし、このシャンプーの洗浄力が強すぎると本来必要である皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥しやすくなります。

頭皮が乾燥すると、そこに細菌が繁殖する原因につながる一方、洗髪を怠ってしまうと清潔を保つことができないため、薄毛へとつながります。そのほかにも、ヘアカラーやパーマも頭皮にダメージを与える原因に挙げられ、正しい対策が求められます。

女性の薄毛・抜け毛は病院でのAGA(FAGA)治療が可能

女性の薄毛は病院で治療

女性の薄毛は病院での治療が可能です。病院を受診する大きなメリットは、薄毛の種類や原因にあった正しい治療を受けられることです。

頭皮や髪の状態を自分でチェックし、素人が適切な判断をすることは難しいといえます。カウンセリングを実施している病院もあるので、少しでも薄毛にお悩みであれば受診も検討してみましょう。

病院での治療方法

病院での薄毛治療は、一般的に以下の流れで行われます

1.診察

髪の毛や頭皮の状態、健康状態の診察を受けます。

2.カウンセリング

診察結果をもとに今後の治療方針や注意事項、費用について説明を受けます。治療に関する不安について相談することも可能です。

3.血液検査

投与する薬が身体に適しているか判断するために、血液検査を行います。

4.検査結果の報告

血液検査の結果を教えてもらい、治療を進める中で投与する薬について説明を受けます。血液検査は結果がわかるまで数日かかるため、基本的に検査結果の報告は後日再診です。

5.治療薬の処方

おおよそ1か月分の医療薬を処方され、服薬しながら様子を見ます。

病院の選び方

病院を選ぶ際は、次のポイントを押さえましょう。

  • 治療実績が豊富

薄毛の原因は、人によって違います。治療実績が豊富な病院であれば、ご自身の症状に適した治療を受けられる可能性が高いです。

  • 口コミや評価が高い

実際に受診した人の意見は参考になるため、事前に確認が必要です。

  • 高額な治療を優先してすすめない

症状に見合わない高額な治療法をすすめられる場合があります。治療が長期にわたる場合、費用面での負担も大きくなるため、受診の際にはしっかり確認しましょう。

薄毛・抜け毛治療は保険適用外

結論からいうと、薄毛治療には保険が適用されません。保険が適用される治療は、生命に関わる病気の治療がほとんどです。そのため、すべて自己負担になります。

実際の費用は、女性の薄毛治療に用いられるパントガールという薬の場合、目安として1か月に1万円程度かかります。

また、初診・再診は無料の病院も多いですが、それぞれに費用が発生するケースもあるので、受診する前に確認しておきましょう。また、最先端医療を受ける場合には、10万円を超えるケースが多いです。

女性の薄毛・抜け毛用サプリメント・治療薬のメリットとデメリット

女性の薄毛用サプリメント・治療薬

薄毛用サプリメント

<メリット>

  • 髪の成長に必要な栄養素を補給できる
  • 手軽に購入できる

<デメリット>

  • 治療効果がない
  • 即効性がない

あくまでサプリメントは、不足している栄養素を補給するためのものです。そのため、亜鉛不足で薄毛が進行しているなど、症状や原因が判明している場合にはサプリメントも有効です。

薄毛治療薬

<メリット>

  • 治療効果が高い
  • 即効性を期待できる

<デメリット>

  • サプリメントよりも価格が高い
  • 副作用が生じる可能性がある

治療薬には発毛効果や抜け毛の予防効果を持つものもあり、少しでも早く薄毛を改善したい場合におすすめです。

治療薬の効果

薄毛治療には、頭皮に塗り込む外用薬、服用する内服薬、頭皮に育毛成分を直接送り込む注射薬の三つが用いられます。

女性の薄毛に効果が見込める以下の薬が一般的に処方されることが多いようです。

<女性の薄毛に効果がある薬>

  • パントガール

女性の薄毛や抜け毛を改善し、発毛を促進する内服薬として用いられます。タンパク質やアミノ酸を豊富に含み、発毛だけでなく、髪の毛のハリやコシも取り戻します。

  • ミノキシジル

ミノキシジルは厚生労働省より発毛成分を認められた外用薬で、発毛効果の評価が高いです。

サプリメントの効果

サプリメントの摂取で、髪の成長に必要な栄養素を効果的に摂ることが可能です。

ただし、サプリメントは薬ではないため、必ず症状が改善するものではありません。また、原因によって必要な栄養素も異なります。不足している栄養素を補給する役割としてサプリメントを摂取しましょう。

薄毛には、以下の栄養素が含まれるサプリメントが有効と考えられています。

<毛髪の成長に必要な栄養素>

  • 亜鉛
  • コラーゲンペプチド
  • L-リジン
  • ビタミン類

<抜け毛を抑制する栄養素>

  • ノコギリヤシエキス
  • イソフラボン
  • カプサイシン
  • ニンジンエキス

自宅でできる女性の薄毛・抜け毛対策

女性のセルフ薄毛対策

薄毛の原因は、日常生活の中にも数多く潜んでいるため、日々の生活を見直さなければ、改善を見込むことは難しいです。ここでは、自宅でできる薄毛の対策方法を紹介していきます。薄毛が気になりはじめた人は、治療をはじめる前に、自宅できる対策からはじめましょう

  • 正しいシャンプー
  • 規則正しい生活習慣
  • バランスのよい食事
  • 頭皮マッサージ
  • 紫外線対策

正しいシャンプーで頭皮を清潔に保つ

薄毛対策には正しいシャンプーを行うことが大切です。

<正しいシャンプーの手順>

  1. 髪を十分に濡らし、汚れやほこりを落とす
  2. シャンプーを毛先から髪全体へとなじませる
  3. シャンプーが全体に行き届くようにジグザグ洗う
  4. シャンプーが残らないように、全体をジグザグ洗いながす

ゴシゴシと過剰な力で洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥を引き起こします。また、熱いお湯も頭皮にダメージを与える原因となるため、38度ほどのお湯で洗いましょう。

<薄毛対策におすすめのシャンプーの選び方>

  • アミノ酸界面活性剤が使用されている

低刺激で髪のうるおいを保ちながら洗髪できます。

  • 硫酸系とスルホン酸系は避ける

こられの成分は洗浄力が強く、必要以上に皮脂を洗い流してしまう可能性があるため、薄毛対策には適していません。

ヘアケア・スカルプケアで頭皮を毛に良い環境にする

ヘアケア・スカルプケアは薄毛・抜け毛に効果的です。ヘアケア・スカルプケアを行うと、毛根や毛穴に付着した皮脂を取り除くことができます。その結果、頭皮環境が整い、血行の改善が期待できます。 血流が良くなることで、毛乳頭や毛母細胞が活性化して、薄毛・抜け毛を防ぐことができます。

体に不調を起こさないことが大事

薄毛対策には、規則正しい生活習慣が大切です。

寝不足の状態で生活していると、自律神経が乱れ、身体を健康に保つための調節機能が利きづらくなります。そうなると、髪の毛に悪いだけでなく発熱や疲労感といった症状が現れてしまいます。そのため、心身ともに健康的な生活を意識することが大切です。

睡眠時間が短い場合や、こま切れの睡眠では成長ホルモンが十分に分泌されません。薄毛対策のためには、まとまった睡眠時間を確保するようにしましょう。

髪のためには栄養素をバランス良く

バランスのよい食事も薄毛対策には欠かせません。身体と同じで、髪や頭皮も健康に保つためには栄養が必要です。

具体的には次の栄養素を取り入れるとよいでしょう。

  • タンパク質

髪の毛はタンパク質の一種、ケラチンという成分でできています。毎日50gを目安に摂取しましょう。

例:卵、肉、魚、乳製品

  • ビタミンA

血行を促進し、薄毛の予防効果が期待できます。毎日0.7mgを目安に摂取しましょう。

例:レバー、マーガリン、うなぎ、卵、チーズ、緑黄色野菜

  • ビタミンB

頭皮の新陳代謝を促進します。毎日1.1mgを目安に摂取しましょう。

例:玄米、豚肉(赤身)、レバー、マグロ

逆に、脂質やカフェインを摂取しすぎると髪によくないので、脂身の多い肉やコーヒーは摂りすぎないようにしましょう。

頭皮マッサージで血行をよくする

薄毛対策には、頭皮のマッサージもおすすめです。頭皮をマッサージすることで頭皮の血行を促進し、血流の低下を改善します。

<頭皮マッサージのやり方>

  1. 親指以外の4本の指で、おでこの中心からこめかみにかけて、指を垂直に押し当てていく
  2. 人差し指と中指でおでこの生え際部分を10秒間押す
  3. おでこからこめかみにかけて、生え際に添いながら5秒間ずつ押していく
  4. 親指以外の4本の指で、おでこの生え際から頭頂部まで押していく
  5. 人差し指と中指で頭頂部を10秒間押す
  6. 親指以外の4本の指で、こみかめから側頭部、耳の上部、後頭部の上部と下部を押していく
  7. 親指でえりあし付近を押す

頭皮にダメージを与える紫外線に注意

紫外線は、頭皮に大きなダメージを与えます。肌の奥深くまで侵入する紫外線は、髪の主成分であるタンパク質に悪影響をもたらし、さらに頭皮の乾燥を招き、抜け毛や炎症を引き起こす原因となるのです。

具体的な対策として、帽子や日傘を使いましょう。紫外線を物理的にカットできるため、効果が期待されます。

これらのアイテムを利用できない場合には、髪専用のUVカットスプレーを使いましょう。紫外線は、年中降り注いでいますが、特に夏場は紫外線の量が多くなるため、紫外線対策を万全にした状態で外出しましょう。

【世代別】薄毛が目立たないおすすめの髪型

薄毛に悩む女性にとって、どのような髪型にすればよいのか悩むところです。髪型は、薄毛が目立たないことはもちろんのこと、おしゃれに見えることや若々しく見えることも大切。ここでは、20~50代までの薄毛に悩む女性におすすめの髪型を世代別と長さ別にご紹介します。

20代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型

20代女性の中にも薄毛が悩みという方もいます。原因は、仕事によるストレスや食生活の乱れなど、毎日の生活習慣が頭皮に負担をかけてしまっているのかもしれません。生活習慣を見直して、薄毛をカバーする髪型にイメージチェンジしましょう。

ショート・ボブヘア

ショートやボブへアは、髪が短いのでボリュームを出しやすい髪型です。美容室では、はっきりと髪の分け目をつくらず、前髪多めのカットをオーダーしましょう。ボリュームアップしたい場合は、ゆるいパーマがおすすめです。フェミニンな雰囲気に仕上がります。

ミディアムヘア

ミディアムヘアは、女性らしいフェミニンな雰囲気で、ボリュームがキープしやすい髪型です。ボリュームアップしたいときは、ショートヘアと同様にゆるくパーマをかけるとよいでしょう。20代らしさを出すのであれば前髪は厚めで短めがおすすめ。大人っぽくしたいときは、前髪を長目にするよいでしょう。

セミロング・ロングヘア

あまりにも髪が長すぎると、トップ部分が髪の重みでペタンとなる可能性があるので、セミロングやロングヘアは、注意が必要です。ゆるいパーマをかけると、髪全体にボリューム感が加わり、ふんわりと仕上げることができます。明るめのへアカラーにすると、髪は軽やかさがアップして好印象です。セミロング・ロングヘアはアレンジがしやすいので、ゆるめのハーフアップやポニーテールなども楽しみましょう。

30代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型

30代女性が薄毛・抜け毛になる原因として一番に上げられるのがストレス。仕事や結婚、子育てなど、ストレスを抱えることが増えてくる時期だからです。薄毛・抜け毛に加えて30代半ばは、平均的に白髪が生え始める時期とされています。このように、薄毛の予兆や髪質の変化が表れてくる30代は、頭皮の健康を心がけながら、薄毛・抜け毛・白髪が目立たない髪型にしましょう。

ショート・ボブヘア

30代の女性におすすめのショートヘアは、チョッピーバンク。全体的に、ゆるりとパーマをかけたショートボブスタイルです。前髪は、オンザ眉で個性的にします。軽くふんわり斜めに流すと、意外にも生え際の薄毛カバーに効果的です。

ミディアムヘア

30代の女性のミディアムヘアは、ゆるいカールで優しい雰囲気に仕上げるのがコツです。全体的に薄い方は、ウルフレイヤーなどで毛先に動きを出し、トップにボリュームを出すとよいでしょう。

セミロング・ロングヘア

セミロングやロングヘアは、髪の重さで髪が押さえられ、トップがペタンコになりがちです。トップにボリュームが出る髪型を意識しましょう。トップでお団子をつくると、髪がボリュームアップした印象になりおすすめ。太目のカチューシャは、生え際を簡単に隠せるので、一つ持っておくと重宝します。

40代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型

女性ホルモンの分泌は、20代後半から減少し、40代以降はホルモン低下のスピードが上がる傾向があります。そのため、40代になると急に髪が細くなったり、薄くなったり、抜け毛が増えたりするのです。薄毛を防ぐためには、「自宅でできる頭皮ケアを毎日の日課に取り入れる」「髪型は、薄毛を目立たせないよう工夫する」などして、マイナス5歳の印象を目指しましょう。

ショート・ボブヘア

ショートヘアは、自然なボリューム感を目指します。表面にレイヤー、全体にボディパーマをかけてボリューム感をアップ。薄毛がカバーでき、華やかなショートヘアになります。最後は、軽いワックスで仕上げましょう。ショートボブは、前髪を9:1で分ける、かき上げ風がおすすめです。大胆なフロントの立ち上げは、ボリュームアップ効果を作り出し、洗練されたヘアスタイルにしてくれます。

ミディアムヘア

ミディアムヘアは、大きめカールと自然なハネで豊かな髪質に見せるのがポイントです。毛先に段差を出し厚みをアップする2層のカールがおすすめ。表面は大きくワンカール、内側は弱めてワンカールし、カールの仕方にも変化を加えます。前髪は、トップの寂しさをまぎわらすように、ショートヘア同様ボリューミーに仕上げましょう。

セミロング・ロングヘア

セミロングやロングヘアのトップは、ふんわりと仕上げるために根元までカール。ボリュームをサポートし、薄毛が目立たないヘアスタイルです。長さは、胸上セミロングがおすすめ。毛先のみにレイヤーを入れて、大きなカールをプラスし、ナチュラルな毛流れをつくりましょう。セミロングやロングヘアは、上品なツヤが若々しさを感じさせるポイントです。

50代女性に薄毛が目立たないおすすめの髪型

50代女性の薄毛は、ストレスも影響しますが、加齢が大きな原因の一つ。老化によって頭皮の毛穴が柔軟性を失い、髪が細くなるだけでなく毛穴がゆがみ、髪にうねりができるようになります。 また、薄毛・抜け毛に加え、顔の印象が気になる50代は、髪型にちょっとした工夫をプラスするだけで、印象を変えることができるでしょう。少々値段は張りますが、部分ウイッグに挑戦するのも良い年代です。薄毛・抜け毛など悩みをカバーしつつ、おしゃれな髪型に挑戦しましょう。

ショート・ボブヘア

50代の女性のショートヘアは、リフトアップしたイメージが強くなるひし形フォルムが人気です。前髪は、トップに高さを出すために深くつくります。奥行きと立体感のあるヘアスタイルは、フェイスラインを美しく見せてくれるでしょう。 ボブヘアでは、前髪づくりがポイントです。小顔効果で、髪のボリューム感をアップします。美容室では、ぱっつん風を避け、中央だけ短くなるような自然なラウンドフォルムをお願いしましょう。中央にすき間がつくれ、斜めに流れ、ナチュラルで上品な雰囲気になります。

ミディアムヘア

ミディアムヘアは、トップがつぶれやすい点に注意が必要です。前髪は、眉が見えるくらいの短めにするとフロントのふんわり感をアップすることができます。全体のフォルムは、ミディアムヘアでも立体感のあるひし形がトレンドです。毛先は厚みを残しつつ、表面にレイヤーを入れます。パーマなしでもヘアアイロンで巻けば、顔まわりが華やぎます。

セミロング・ロングヘア

セミロングやロングヘアは、重い印象にならないように、顔まわりや首のラインが重要ポイントです。カットで流れを出し、全体的に軽い印象に仕上げます。顔まわりはリバース巻き、毛先は外ハネに。横幅のボリューム感を際立たせると、毛流れが豊かな印象になります。

まとめ

薄毛治療を適切に進めるためには、薄毛の種類や原因を特定する必要がありますが、それらを個人で判別することは難しいです。そのため、正しい方法で治したい場合は一度病院で診てもらう方法も検討されるでしょう。

また、生活習慣が原因となっているケースも多いので、薄毛が気になりはじめた人は、生活を見つめ直すところからはじめてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました